箱根・小田急 山のホテルのツツジ庭園のベストビューポイントは?「つつじ・しゃくなげフェア2022」に行ってみたら富士山と芦ノ湖をバックに咲き誇るツツジに大感激。見頃は週末頃まで。

箱根・小田急 山のホテルのツツジ庭園のベストビューポイントは?「つつじ・しゃくなげフェア2022」に行ってみたら富士山と芦ノ湖をバックに咲き誇るツツジに大感激。見頃は週末頃まで。

2022-05-12

投稿:ススミカマガジン編集部
記事中商品の購入で当サイトが報酬を得る場合があります

山のホテル映像コンテンツ箱根観光芦ノ湖

箱根・小田急 山のホテルのツツジ庭園で色とりどりのツツジが見頃を迎えました。今年3月には「日本植物園協会ナショナルコレクション第10号」に認定された「小田急山のホテル 庭園のツツジ」。見頃は今週末頃までと聞き、行ってきましたよ!

まずはこれを。

庭園のビューポイントのひとつより。
色とりどりの花が咲きそろう光景はまるで別世界に来たかのようです。

この記事では編集部が2022年5月10日に現地を取材した際の庭園の様子などを紹介しています。ツツジの見頃は週末くらいまでですが、この後はシャクナゲが5月下旬にかけて楽しめます。週末に箱根に行けそうもない方もぜひ一度体験していただきたいなと思います!

動画

トラベローグのYOUTUBEチャンネルにもぜひ登録をお願いします!

山のホテルってどう行くの?→無料送迎バスがあるんです。

blank

箱根特集はこれまで結構やってきているのに、なぜかトラベローグ(取材記事)に登場してこなかった山のホテル。…実はとてもカンタンに行けるのでした。山のホテルさんよりの送迎バスが元箱根港・海賊船乗り場前より運行されているんです。

編集部は小田原からの箱根登山バスで元箱根港へ行き、そこからホテルの送迎バスに乗せてもらいました。

無料送迎バスは、9時10分より毎時10分、30分、50分発で運行。最終は17時10分。ホテル利用者は無料で乗車できます。「つつじ・しゃくなげフェア」は増発されるなど、時期により便数の増減があるようですので最新情報はホテルの公式サイトもご確認ください。

ちなみに小田急ハイウェイバスには新宿-箱根線という路線があり、バスタ新宿から山のホテルまで高速バスで直接アクセスできます。ロマンスカーも捨てがたいけど一度こちらも体験してみたい。

山のホテルのツツジ庭園について

小田急 山のホテルが位置するのは、三菱財閥4代目総帥・岩崎小彌太男爵が1911年(明治44年)に別邸を建てた由緒ある地。男爵は別邸にツツジ庭園を造り、この庭園は現在までも受け継がれてきました。現在では人の背を越す高さの玉仕立てのツツジや、日本に最初に輸入された西洋シャクナゲの「ゴーマー・ウォータラー」等、大半の樹木が樹齢100年以上となっています。

blank

山のホテルでは専任のガーデンスタッフが大切に手入れを続けてきましたが、2014年の大雪をきっかけに、このままでは100年後までこの景観を維持できないと危機感を抱き、2015年より10か年計画の「男爵の100年ツツジ 100年先への挑戦」という、山のホテル庭園プロジェクトが立ち上がりました。

blank

プロジェクトではツツジ・シャクナゲの研究者・倉重祐二氏による品種調査、また、現在庭園にあるツツジの希少品種保存のため、新潟の花卉農家の協力を得て「苗木育成」を実施するなど、長期的な視野に立った管理が行われてきました。

blank

2022年3月、「小田急山のホテル 庭園のツツジ」はナショナルコレクションとして認定を受けることとなりました。「ナショナルコレクション認定制度」は、秋篠宮皇嗣殿下が総裁をお務めになる公益社団法人 日本植物園協会が2017年に創設した制度。野生種、栽培種に関わらず、日本で栽培されている文化財、遺伝資源として貴重な植物を守り後世に伝えていくことを目的とした植物コレクションの認定、保全の制度で、神奈川県内では初の認定ということです。

blank

「小田急山のホテル 庭園のツツジ」は、江戸時代に作出された他所ではほとんど見られない30の古品種を含む84種類約3,000株。大刈り込みされたツツジは樹高3m以上の大きさに成長している株もあります。


2022年5月10日現在の山のホテル・ツツジ庭園のようす

トラベローグの記事でもリアルタイムに追いかけて来たように、今年のツツジ庭園は5月3日に三分咲きとなり、見頃を迎えたのは5月7日でした。取材日の10日は快晴とあって庭園にも早い時間から多くのお客さまが見学に訪れていました。

blank

山のホテルさんよりは「今年は5月に入ってから開花しましたが、GW中気温が高い日が続いたためツツジが早く咲き進みました。天候にもよりますが、今週の土日頃までお花をお楽しみいただけそうです。 」というコメントをいただいております。(2022年5月10日)

blank

庭園内は1周だいたい30分程度で散策できます。階段があるため奥の方までは難しいですが、庭園内外周のスロープによって車いすでも楽しむことができます。

箱根という場所柄、坂や階段多めですので、ツツジやシャクナゲに気を取られすぎないように足元にもご注意を…。

blank

大きすぎてカメラに収まりません?

blank

ほとんど栽培のない希少品種の八重げら。真紅の花が目を引きます。この株は庭園内最大の大きさです。

blank

※話はそれますがこの日は諸般の事情で50mm単焦点1本のみで撮影しています…。

花の中から花

こちらは白万葉という江戸時代に突然変異で生まれた品種で、花の中から次の花が咲く「万葉咲き」。

blank

園内各所でこういった貴重な品種が花を咲かせています。リーフレットの案内をもとに夢中になって散策するとみるみるうちに時間が過ぎていきます。

blank

雄しべがない?

ちょっとむずかしい字を書く紫麾(むらさきざい)。「麾」というのは花弁が細長く切れ込む采咲きのこと。この花には雄しべがありません。

blank

100年先への挑戦

庭園では花の管理だけではなく、未来への継続のための取り組みも行われています。駐車場近くのエリアでは、希少品種のツツジ達の圃場(ほじょう)を見学できます。「男爵のツツジ」のDNAを残すべく、新潟の農園に送られた希少種の穂木(ほぎ)は、再び山のホテルに戻り、大切に育てられています。

こちらはシャクナゲの希少品種「マイケル・ウォータラー」の苗。しゃくなげ園には、男爵がはじめて日本に持ち込んだと言われている「ゴーマ・ウォータラー」がありますが、この「マイケル・ウォータラー」も同じようにウォータラー氏が名付けた花ということです。

blank

関連記事

blank

見頃は5月2日より!箱根・山のホテル 「つつじ・しゃくなげフェア2023」ツツジ庭園開花の現地情報状況 5月1日現在

山のホテルさんより2023年5月1日現在のツツジ庭園最新情報が届きました。4月2…
susmca.com

展望室からの眺め

山のホテル館内・展望室からの眺め。山のホテルのシンボルともいえる赤い屋根、極彩色ともいえる庭園の向こうには、芦ノ湖のパノラマが広がり、さらに富士山もくっきり見えています。

blank

この展望室は宿泊者専用。箱根の駅や映像などで見かけるあのビューが手に入ります!
※今回、編集部では特別な許可を得て撮影させていただきました。

「御礼肥体験」もできるクラウドファンディングを実施中なのはご存知?

ところで、山のホテルでは、歴史的・学術的に貴重な山のホテルのツツジを残していくためのクラウドファンディングを実施中です。リターンには来年のつつじしゃくなげフェアの入園券などの他に、御礼肥体験のできる権利なども。実際に自分自身で庭園の花を育てて愛でることができる貴重な体験ができます。

混雑について

blank

庭園の開園直後(9時)とお昼前が一番混雑するということですが、富士山に雲がかかる前、午前中のうちに鑑賞したいというものあり、いつ行こうか悩ましいところではあります。また、本館前から富士をのぞむビューポイント周辺は、取材時も大変混雑していました。

ホテル本館をバックの構図も人気。設置されているフレームからカメラをのぞかせると、ホテルのロゴ入りで綺麗に収まります。

blank

みなさんワクの中にお友達を入れてバストショットにして撮影して楽しんでるみたいですね!

blank

園内は一方通行

コロナ対策の一貫として、園内は一方通行。コロナ禍前は特に順路を設けていなかったということですが、一方通行にしたことにより、庭園の奥のシャクナゲのエリアもじっくり鑑賞しながら庭園を散策できるようになったということです。

編集後記

シンプルに、この世の極楽か…と思いました(笑)。

blank

記事を書いておいてナンですが、富士をバックに見たことのない大きさのツツジに囲まれる光景は正直画面では伝えきれません。ツツジの見頃は今週末くらいまでということですが、5月下旬まではシャクナゲも楽しめます。ぜひお出かけして確かめていただきたいなと思います。

リソース

  • 取材ご協力:小田急 山のホテルさま、小田急リゾーツさま、小田急エージェンシーさま
  • 記事中の写真は全て編集部の撮影によるもの。※取材用に特別に許可を得て撮影しています。
  • 撮影機材:Canon EOS R6 + RF50mm

「つつじ・しゃくなげフェア 2022」の開催概要

  • 開催期間:2022年4月下旬~5月下旬
  • 庭園見学時間:9:00~17:00
  • 庭園見学料:1,000円(ツツジ開花中のみ)※小学生以下無料
  • 花の見頃:ツツジ:5月上旬~中旬 シャクナゲ:5月上旬~下旬
  • https://www.hakone-hoteldeyama.jp/tsutsuji_shakunage/

小田急 山のホテルの公式サイト

blank

箱根のホテルなら、芦ノ湖畔の山のホテル【公式】

箱根・芦ノ湖と富士山の絶景を望む「山のホテル」。1948年創業、箱根屈指のクラシ…
www.hakone-hoteldeyama.jp

関連記事

blank

芦ノ湖を一望 成川美術館で箱根随一の絶景に思わず息をのむ [取材]

芦ノ湖を一望する絶景の美術館 展望室よりみる芦ノ湖と富士山 写真ご提供:成川美術…
susmca.com