<<上から見るか、横から見るか>> 「しな水メダカコレクション」

クロメダカ

「しな水メダカコレクション」が6月12日より

しながわ水族館(東京・品川)では、6月12日(水)から9月9日(月)まで、日本に古くから生息している小型の淡水魚“メダカ”にスポットを当てた「しな水メダカコレクション」を開催。

会場では昔からなじみのある日本に生息している在来のメダカをはじめ、近年人気が高い品種改良メダカや旧メダカ目(現在はカダヤシ目)の卵生メダカなど、約20種類のメダカを展示。

「見る視点」にも注目

近年メダカの品種改良技術は急速的に進み、目覚ましい進化を遂げており、従来は屋外での飼育が主流だったため上から眺めたときの姿を重視した品種が多かったのですが、室内での水槽飼育の流れと共に横からの視線に特化した品種が誕生してきました。展示では「見る視点」にも注目した個性豊かなメダカたちの世界を楽しめます。

SNS映えするテラリウム水槽も

テラリウムのイメージ

イベント概要

  • 名称:しな水メダカコレクション
  • 開催期間:2019年6月12日(水)~9月9日(月)※休館日を除く
  • 展示会場:地下1階海底フロア イルカの窓前
  • 展示生物:クロメダカ、三色ラメメダカ、楊貴妃、マリンブルー、ノソブランキウス ラコビーなど約20種類

なお、状況により展示生物は変更になる場合があるということです。

Amazon