《ロイヤルデリ》ロイヤル伝統の一品「フレンチオニオンスープ」が3月8日(月)より販売開始

2021-03-02

投稿:ススミカマガジン編集部

スポンサーリンク

世界各国の料理をご家庭で楽しめるフローズンミール「ロイヤルデリ」 ロイヤル伝統の一品「フレンチオニオンスープ」を3月8日(月)より販売開始 ~フランス料理店から始まった伝統の味をご自宅で~

ロイヤルホールディングス株式会社(福岡市)が展開する「ロイヤルデリ」より、ロイヤル伝統のスープを自宅で楽しめる「フレンチオニオンスープ」と、ロイヤルデリのスープ3種類、フレンチオニンスープ、ブールをセットにした「ロイヤルデリ4種のスープセット」が2021年3月8日(月)より販売開始となります。

オニオンスープイメージ

今回販売する「フレンチオニオンスープ」は、身体だけでなく心をも満たしてくれる、どこかほっとする優しい味わいの一品。朝ごはんや夜食、ランチに添える他にも、バゲットとチーズをのせてオーブントースターで焼き上げて「オニオングランタンスープ」にアレンジするなど、いつ食べても飽きることのないスープです。

blank
ロイヤルデリ4種のスープセット

マリリン・モンローも来店!ロイヤルの味の原点「ロイヤル中洲本店」

ロイヤルは、1953年(昭和28年)11月、福岡で初の本格的なフランス料理の店「ロイヤル中洲本店」 (現:レストラン花の木)を開店。当時の有名店、東京銀座の花馬車・コックドールと共に本格的なフランス料理が味わえる名店としてその名を馳せました。

blank
当時の「ロイヤル中州本店」

福岡で初の本格的なフランス料理の店「ロイヤル中洲本店」は、地元著名人の人気を集め、1954年(昭和29年)2月には、女優のマリリン・モンローとジョー・ディマジオが新婚旅行を兼ねて福岡米空軍基地慰問に来福した際に来店。当時提供していた「オニオングラタンスープ」をお気に召したと言われています。

blank
オニオングラタンスープイメージ

ロイヤルのオニオングラタンスープは、「ロイヤル中洲本店」初代料理長の前川卯一氏が、フランス料理の定番料理を独自のレシピで作ったのが始まりで、今でもロイヤルの代表的な一品として提供されています。

スポンサーリンク

フレンチオニオンスープ

  • フレンチオニオンスープ
  • 380円(税込)

牛肉と香味野菜をじっくり煮込んでつくる自社製コンソメと飴色のソテーオニオンをあわせたスープ。ベースとなるコンソメスープは、福岡のセントラルキッチンで丁寧に灰汁を取り除きながら大釜で一晩(約12時間)煮込む技ありの一品で、琥珀色の澄んだ色合いが特徴です。

ロイヤルデリ4種のスープセット

blank
ロイヤルデリ4種のスープセット

丁寧に作り上げたシェフこわだりのスープセット。フレンチオニオンスープ、クラムチャウダー、オマール海老のビスク、コーンポタージュ、ブール(2個入り)が各2袋のセット内容となります。

  • ロイヤルデリ4種のスープセット
  • 3,400円(税込)

ロイヤルデリのホームページ(オンラインストア)

blank

royaldeli.jp

リソース

ロイヤルホールディングスPR事務局さま(ロイヤルデリ プレスリリース)

関連記事

blank

《ロイヤルホスト》母の日向け オマール海老の期間限定テイクアウト 店舗では「オマール海老&ステーキ フェア」 が開催中

ロイヤルホストにて開催中の海外料理フェア 「オマール海老&ステーキ フェア」。東カナダ、プリンス・エドワード島州政府観光局協賛のもと開催中のこの企画に、期間限定で母の日に向けてのテイクアウトメニューが登場。店舗でのメニューとあわせて紹介します。
susmca.com
blank

バスク風チーズケーキ「タルタ・デ・ケソ」をお取り寄せしたら、おうち時間が楽しくなりすぎた話 《ロイヤルデリでデザートお取り寄せ》

ロイヤルデリの新商品バスク風チーズケーキ「タルタ・デ・ケソ」などスイーツメニューを実食お取り寄せレビュー。結論からいってこれはもう、紅茶を入れておうちに引きこもるしかないと思います!
susmca.com