不器用な生き方が面白い!「ミセス・ダウト」

子供を愛するあまり、女装して家政婦となり、元妻の家に忍び込む話。ありえない不器用な男性の生き方が笑えます。

データ

  • 作品名:「ミセス・ダウト」
  • 監督:クリス・コロンバス 
  • 主演:ロビン・ウィリアムズ
  • 公開年:1994年 

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

内容 

主人公・ダニエルは有能な声優ですが、自分のポリシーを曲げようとしない、扱いにくい性格でした。そしてこの性格が災いし、仕事で揉めて失業してしまいます。失業後は何もせず、ただひたすら子供達と遊び続けるダニエル。その姿に妻は見限り、離婚を突きつけます。子供達と会えるのは週に一度となってしまったダニエルは、その後、妻が家政婦を募集していることを知り、家政婦になりすまし、子供達に会いにいくことを思いつきます。



推しポイント

  • 単純にロビン・ウィリアムズの女装が笑えます。元妻の家でいつ女装がバレるのかとハラハラします。
  • 見どころは映画後半部分!アホらしいことを一生懸命にやっている姿って、どうしてこんなに面白いんでしょう。ダニエルがミセス・ダウトとそのままの自分を、秒刻みで交代しながら必死に演じる様子は捧腹絶倒ものです。


なぜか最後はウルっとくる…いい話すぎる映画

コメディ映画だと思ってみたら、最後は感動する話でウルっときます。子供と会いたいがために、アホらしいアイディアを必死に実行に移す過程は呆れますが、このダニエルの尋常ならぬ子供への愛情が、ラストシーンの感動をさらに引き立たせています。「いい映画みたなぁ」と満足できる映画です。