【パンダの着ぐるみ】ほぼ本物のレンタルが開始 100万円から

2019-07-25

投稿:ススミカマガジン編集部

スポンサーリンク

ほぼ本物のパンダなら借りることが出来るよ!

株式会社ブラスト(東京都千代田区)がほぼ本物ソックリ「究極のパンダ着ぐるみ」のレンタルを開始しました。この着ぐるみ、「究極のパンダ着ぐるみ」は同社の社内部門『特殊造型スタジオ ゼペット』が制作したもの。

ここが究極!

「究極のパンダ着ぐるみ」は、従来の着ぐるみ造型物を更に技術向上させ、演技者が装着するパンダの特殊造型スーツ。ゼペットでは、2017年にリアル動物美術造型【アニマルズ アズ アート】「リアルシロクマ親子」をリリース。翌年2018年には愛犬そっくりの美術造型をオーダーメイドする【クローンワンコ】サービスを開始。この「究極のパンダ着ぐるみ」はそれ以前の2015年から設計に取り組み、「生きている動物にしか見えない」を目標に様々な試行錯誤が繰り返され、本年2019年7月完成に至ったものです。

パンダの写真や記録映像、動物園(東京都上野動物園、和歌山県アドベンチャーワールド)へのパンダ観察に始まり、動作や表情、それに伴う筋肉を様々な角度から研究。装着する人間と外装となるパンダの生物的シンクロは極限まで突き詰め、頭部にはパンダ特有の動作や表情を体現する内部構成と機構を仕込み、鼻や唇などの皮膚には最もリアルな質感と感触を表現する特殊シリコンが採用されています。体毛はハリウッド映画で最も採用される米国毛材メーカーと共同開発。生え際は手作業で一本一本植毛するなど、材質から筋肉構造を現す内部構造、細部に渡るまでディティールまでこだわり抜いた仕様で制作されています。

同社は「外見は本物そのものだが、実際のパンダと違い、スーツを装着した演技者により演出や使用目的の指示に準じた動作を行うことができるのが【究極のパンダ着ぐるみ】の最大の特長であり、、これにより、 映画、ドラマ、CM、イベント、プロモーション等、パンダを使った様々な展開《 》が可能となる。」としている。

なお、レンタル料金は、オペレーター別途で6時間で100万円から。