【もふもふパンダ】 パンダたっぷりのゆる~い参考書に第2弾が登場したよ

「オバケ」や「う○ち」など、いろいろ切り口があるんだなぁという参考書の世界ですが、400点以上のパンダ写真!130の英会話表現と193の四字熟語を掲載!というパンダづくしのゆる~い参考書が登場しました。

この本は、もふもふパンダ写真にいやされながら言葉が身につく株式会社 学研プラス(東京・品川)『パンダでおぼえる』シリーズの第二弾で、学習参考書『パンダでおぼえる 英会話』『パンダでおぼえる 四字熟語』の2冊が6月6日(木)に同時発売。シャンシャン、彩浜など赤ちゃんパンダの撮り下ろし写真がたっぷりの本作、昨年発売した第1弾の『パンダでおぼえる ことわざ慣用句』は、なんと発売2週間でスピード重版、大人も子どもも夢中になった大人気作ということで今回もゆる~く楽しく勉強できそう。

2020年度新学習指導要領で重視される、“英語”と“国語の語彙”をパンダで!

ゆる~いだけではなく、2020年に教科化される“英語”、新指導要領で重視される“国語の語彙力”をシリーズ第2弾のテーマにしており、新しい学力にしっかり対応。

『パンダでおぼえる 英会話』は、130の英会話表現と79の単語を収録。あいさつ、買い物、道案内など、重要度の高い英会話表現が身につくほか、『パンダでおぼえる 四字熟語』では193の四字熟語を収録。多くの辞書で扱われる、重要度の高い四字熟語が盛り込まれています。中には「巧言令色」「雲散霧消」「切磋琢磨」など、ちょっぴり難しい言葉もあり、かなり充実の内容。

  • [左] 『パンダでおぼえる 英会話』
    130の英会話表現と79の単語を収録。あいさつ、買い物、道案内など、重要度の高い英会話表現が身につきます。
  • [右] 『パンダでおぼえる 四字熟語』
    四字熟語の意味や使い方のほか、類義語・対義語・言葉の由来・間違えやすい漢字も紹介。

『パンダでおぼえる 英会話』より

  • 『パンダでおぼえる 四字熟語』より

『ざんねんないきもの』でおなじみ、今泉忠明先生監修。

あーこれ、もしかしたら!と思ったら、やっぱり今泉忠明先生だった!

  • 「パンダの一日(ほとんど寝てます。)」
  • 「パンダの体のしくみ(うんちは竹のいいにおい。)」
  • 「赤ちゃんパンダと母パンダの大きさの比較(体重の差は約1000倍!)」

第1弾に引き続き、奥が深くておもしろい、パンダのひみつをたっぷりの写真で紹介。パンダの生態に関しての監修は、『ざんねんないきもの事典』(高橋書店)の今泉忠明先生と和歌山の動物園・アドベンチャーワールドが担当しているとのことです。マストチェック。

Amazon

パンダでおぼえる 四字熟語
  • アドベンチャーワールド and 学研プラス
  • 価格  ¥ 1,296
  • 販売者 Amazon.co.jp
パンダでおぼえる 英会話
  • アドベンチャーワールド and 学研プラス
  • 価格  ¥ 1,296
  • 販売者 Amazon.co.jp