「全国お雑煮祭り」12/15(火)より にんべん 日本橋本店で

江戸時代から続く伝統のレシピが楽しめます

| SUSMCA(ススミカマガジン) | https://susmca.com/ozouni-matsuri-ninben/

ご当地お雑煮がおうちで楽しめる商品を集めたフェア「全国お雑煮祭り」が、2020年12月15日(火)より「にんべん 日本橋本店」にて限定開催。にんべん創業家である髙津家にて、江戸時代から受け継がれているお雑煮レシピも配布されるそうです!年始はおうちで旅気分を味わいながら日本の食文化を楽しんでみては。



お雑煮は、平安時代から「ハレの日」の料理!

お雑煮の歴史は古く、平安時代から「ハレの日」の料理として食べられていました。江戸時代には料理文化が花咲き、庶民の間でも1年を無事に過ごせることを願い元旦にお雑煮を食べていたそう。1699年に創業し、江戸時代にルーツをもつにんべん。「にんべん 日本橋本店」で開催される「全国お雑煮祭り」では、全国のお雑煮レシピカードの配布とにんべんの商品と一緒に楽しめる厳選商品がラインナップ。



厳選商品「THE OMOCHI」の取り扱い

全国お雑煮祭りには、「すべては旨い餅づくりのために。」をコンセプトとし、主にWEB販売を中心としている「THE OMOCHI」の商品も特別に用意。伝統製法である釜戸と薪火で蒸した餅米とこだわり素材で作られた餅は、古典的なお雑煮から洋風お雑煮にも。

THE OMOCHI

| SUSMCA(ススミカマガジン) | https://susmca.com/ozouni-matsuri-ninben/
  • プレーン 1,200円(本体価格)
  • 玄米 1,200円(本体価格)
  • 豆 1,400円(本体価格)
  • くるみ 1,400円(本体価格)
  • 海老 1,500円(本体価格)

江戸時代の食文化を味わえる髙津家お雑煮レシピ

blank

にんべんの創業家であり、現在も当主をつとめる髙津家。現在でも、髙津家古文書に記されている江戸からの行事食を守り続けています。そのひとつが1年の無事を祈り、元旦に食すお雑煮です。今回の「全国お雑煮祭り」では、この髙津家のお雑煮レシピを無料配布する他、全国のお雑煮レシピカードも5種も用意されるということです。

blank

にんべん 日本橋本店/日本橋だし場

blank
  • にんべん 日本橋本店/日本橋だし場
  • 東京都中央区日本橋室町2‐2‐1 COREDO室町1・1階
  • TEL: 03-3241-0968

営業時間の最新情報は、にんべん公式HPをご確認ください
www.ninben.co.jp

リソース

  • 株式会社にんべんさま/株式会社にんべんプレスリリース

Amazon