「つつじ・しゃくなげフェア2024」4月下旬より開催 開業75周年記念の小冊子も販売 “小田急 山のホテル”

投稿:ススミカマガジン編集部
記事中商品の購入で当サイトが報酬を得る場合があります
会員限定芦ノ湖箱根観光山のホテル季節の花

「つつじ・しゃくなげフェア2024」4月下旬より開催 開業75周年記念の小冊子も販売 “小田急 山のホテル”

箱根・”小田急 山のホテル”で「つつじ・しゃくなげフェア2024」が今年も開催されます。例年、同ホテルの庭園では、富士山や芦ノ湖をバックに色鮮やかなツツジが咲き誇る、まるで夢のような景色が広がります。

Supported by Rakuten Developers

庭園のツツジは2022年に「日本植物園協会ナショナルコレクション第10号」として認定され、続いて昨年3月には、シャクナゲも「日本植物園協会ナショナルコレクション第15号」として認定を受けました。

また、今年は小冊子「小田急 山のホテル 庭園のツツジとシャクナゲ」も発売されます。これは昨年のホテル開業75周年と、庭園のツツジ、シャクナゲが「日本植物園協会ナショナルコレクション」に認定されたことを記念して制作されたもので、庭園の歴史やこれらの植物について紹介するもの。小冊子は2024年4月上旬より販売され、価格は800円(B5サイズ、32ページ、フルカラー、日英併記)。

会期は4月下旬から5月下旬までで、開花状況によっては開催期間が変更されることがあります。
30の古品種を含む84種類、約3,000株のツツジと、42種類、約300株のシャクナゲが開花を迎える庭園。
かつて男爵別邸から受け継がれ、「後世に残すべき植物遺産」として認定された花々、そして壮大な自然の美しさを今年こそぜひお愉しみを。

会員エリアでは、さらに詳しく”小田急・山のホテル”庭園のツツジとシャクナゲについてご紹介

目次(ジャンプしません)

  • “小田急 山のホテル”庭園のツツジとシャクナゲ
  • 庭園のツツジとシャクナゲが日本植物園協会ナショナルコレクションに認定
  • 庭園プロジェクト 「男爵の100年ツツジ 100年先への挑戦」とホテル庭園でみられる貴重品種
  • ツツジの貴重品種
  • シャクナゲの貴重品種
  • デザートレストラン「サロン・ド・テ ロザージュ」でお皿に咲く可憐なツツジのデザートを堪能!
  • 関連イベント情報1:倉重祐二氏によるツツジ・シャクナゲ講演会
  • 関連イベント情報2:チャペルコンサートが4年ぶりに開催!