箱根海賊船に『御船印』が登場 小田原市在住作家 たなかきょおこ氏による「クイーン芦ノ湖」

投稿:ススミカマガジン編集部
記事中商品の購入で当サイトが報酬を得る場合があります
箱根箱根海賊船芦ノ湖

箱根海賊船に『御船印』が登場 小田原市在住作家 たなかきょおこ氏による「クイーン芦ノ湖」

箱根海賊船に「御船印(ごせんいん)」が4月1(日)より登場します。「御船印」は神社仏閣を参拝した証として集められる御朱印の船バージョン。現在120超の日本各地の船会社・海事博物館が「御船印めぐりプロジェクト」参加し、オリジナルで印を発行しています。

箱根海賊船オリジナル「御船印」は2019年に就航した「クイーン芦ノ湖」を用いたもので販売価格は500円(税込)。箱根町港、元箱根港、桃源台港の各港での販売となります。

クイーン芦ノ湖をバックに、箱根の象徴「芦ノ湖」そして「富士山」の風景が描かれます「御船印」のイラストは、小田原市在住作家 たなかきょおこ氏によるものです。

Supported by Rakuten Developers

たなかきょおこ氏 プロフィール

徳島県生まれ。2017年より神奈川県小田原市在住。
小田原・箱根・秦野など近郊の風景を多く描き、郵便局より「小田原さんぽ」「小田原めぐり」「秦野さんぽ」のフレーム切手が発行、小田原三の丸ホールの開館ビジュアルに起用されるなど地域に根ざした制作活動を行なっている。