キュン死注意! スナネコの赤ちゃんが国内で初めて誕生

国内初の「スナネコ」赤ちゃん誕生

 那須どうぶつ公園で3月より公開されている世界最小級の野生ネコ、「スナネコ」。当サイトでも大きな反響がありましたが、同園で2020年4月27日に赤ちゃんが誕生したということです。5月16日に那須どうぶつ公園が発表しました。



「砂漠の天使」

 スナネコの誕生は国内で初めて。アフリカなどの岩砂漠などに生息する、この世界最小級の野生ネコは、その愛らしい容姿から「砂漠の天使」といわれています。国内での飼育例がなく、日本動物園水族館加盟園館としては、初の展示。日本でのスナネコ飼育園は同園、そして姉妹園の神戸どうぶつ王国の2か所となります。



か、かわゆすぎる…

 4月27日生まれのスネネコの赤ちゃんは、メスで誕生時の体重はなんと59グラム。生まれてすぐに衰弱状態となったため、人工保育で育てられています。

 スナネコは、砂漠での生活に適応するために、砂漠に溶け込む毛の色を持っています。そして、灼熱の砂から足裏を守るため肉球を覆うように毛が生えているんだそうです。

 なお、公開はまだ先になるということです、

関連記事

  • スナネコが愛らしすぎでヤバい!那須どうぶつ王国で展示開始

Amazon

小学館
¥2,160 (2020/06/05 14:48:32時点 Amazon調べ-詳細)