「モスライスバーガー海老天めんたい味」「モスライスバーガーよくばり天めんたい味<海老とかきあげ>」が5/21 限定販売開始に

「モスライスバーガー海老天めんたい味」 「モスライスバーガーよくばり天めんたい味<海老とかきあげ>」が5月21日(木)から全国のモスバーガーで期間限定販売

 今度の“MOS JAPAN PRIDE”シリーズは天丼!?モスバーガーより、「モスライスバーガー海老天めんたい味」と「モスライスバーガーよくばり天めんたい味<海老とかきあげ>」が登場します。これは日本生まれのハンバーガーチェーンであるモスが「日本」をテーマにオリジナリティあふれるし商品を展開するシリーズ”MOS JAPAN PRIDE”の新アイテム。モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービス(品川区)が5月14日に発表しました。販売は2020年5月21日(木)~7月中旬まで期間限定となります。

  • リソース:モスフードサービス広報事務局さま
  • 記事中の写真・画像・文章等の転載及び引用を禁止します。


「モスライスバーガー海老天めんたい味」

 「ライスバーガー」は、国産米の消費拡大を目指し、1987年にモスバーガーが初めて開発したもの。グリーンリーフの上に、めんたい味ソースにつけた海老の天ぷら2本と有明産焼き海苔をのせ、ライスプレート(お米)でサンドしています。海老の天ぷらは工場で1本1本手作業で揚げ、めんたい味ソースにつけてもサクサクとした食感が残りように工夫されているそうです。また、めんたい味ソースも、開発担当の荒木さんによれば、スケトウダラ以外の魚卵を使うと明太子と言えないということでスケトウダラ100%にもこだわったそう。



「モスライスバーガーよくばり天めんたい味<海老とかきあげ>」

 こちらは、海老の天ぷらだけでなく、5種類もの具材のかきあげがプラスさた、“よくばり”なボリュームたっぷりのライスバーガー。海鮮かきあげは、いか、海老、玉ねぎ、人参、枝豆を薄衣で包み、サクッとした食感とそれぞれの素材の味わいが楽しめます。
 同じく荒木さんよれば、天丼をガブッとそのまま食べてもらうような設計になっているということで、全体的に塩味(えんみ)の強い食材のバランスをとるため、塩味・辛味を細かく調整して完成させたとのこと。

商品概要

  • 「モスライスバーガー海老天めんたい味」(454円+税)
  • 「モスライスバーガーよくばり天めんたい味<海老とかきあげ>」(482円+税)
  • 販売期間:2020年 5月 21日(木)~7月中旬 *期間限定
  • 販売店舗: 全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)
  • ※今回の発売に伴い、「モスライスバーガー海老の天ぷら」は販売終了となります。

公式YouTubeチャンネル

 商品開発担当の荒木さんと稲垣さんが、商品紹介秘話を公開。

  • モスバーガー公式YouTubeチャンネル:モスライスバーガー商品開発秘話

関連記事

 同時期に「おしりたんてい」とのコラボも。

Amazon

アイロボット(IRobot)
¥39,800 (2020/06/05 14:38:07時点 Amazon調べ-詳細)