[MOS] モスバーガーの新製品「グリーンバーガー」 神奈川では江ノ島店で食べれるよ

原材料に動物性食材や五葷(ごくん)を使用しない「環境と身体に優しい バーガー」がモスバーガーより登場

関連記事

5月21日より全国での販売が開始となりました!

 モスバーガーより「環境と身体に優しい」新商品が2020年3月26日(木)に登場します。原材料に動物性食材を使わず、野菜と穀物を主原料に使ったハンバーガー「MOS PLANT BASED GREEN BURGER <グリーンバーガー>」。モスバーガーを展開するモスフードサービスによると、東京8店舗、神奈川1店舗で26日より先行発売後、反響を分析して5月ごろを目処として全国での販売を目指すということです。

  • リソース:モスフードサービス広報事務局さま


グリーンバーガー先行販売の店舗

東京での販売

  • モスバーガー大崎店(10:30以降販売)
  • モスバーガー六本木店
  • モスバーガー秋葉原末広町店
  • モスカフェ表参道店
  • モスカフェ西銀座店
  • モスカフェ阪急大井町店
  • モスカフェ銀座ナイン店(4/1より販売開始)
  • モスカフェ羽田空港国際線ターミナルビル店(4/1より店名を「モスカフェ羽田空港第3ターミナル店」へ変更予定)

神奈川での販売

  • モスカフェ江ノ島店


「MOS PLANT-BASED GREEN BURGER <グリーンバーガー>」(538 円+税)

 原材料に動物由来の原材料(肉、魚、卵、乳製品など)と、臭いの強い五葷(ごくん)を使用しないハンバーガー。五葷とは、仏教などで食を禁じられている臭いの強い5種の野菜(ねぎ、らっきょう、にら、にんにく、玉ねぎ)のこと。

 ほうれん草ピューレーを練りこんだ緑色のバンズが印象的な同商品。パティは大豆由来の植物性たんぱくをベースに、こんにゃくやキャベツを加えた今回新たに開発されたもの。にんじんやゴボウで食感を出したトマトのソースは、数種類のハーブを加えることで、奥行きのある味わいに。

新商品概要:グリーンバーガー

  • 商品名・価格:「グリーンバーガー」(538円+税)
  • 販売開始日:2020年3月26日(木)
  • 販売店舗:東京ならびに神奈川の計9店舗

モスバーガー公式サイト

Amazon

アイロボット(IRobot)
¥39,800 (2020/06/05 14:38:07時点 Amazon調べ-詳細)