[速報]モスバーガーの2月新商品は「マッケンチーズ&コロッケ」 ”日本人の約88%が知らない”チーズ料理をアレンジ

2021-01-27

投稿:ススミカマガジン編集部

モスバーガーより、新商品「マッケンチーズ&コロッケ」が発表となりました。これは欧米の家庭料理をモス流にアレンジしたもので、2021年2月10日(水)より全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて、期間限定で発売されます。

新商品は、欧米では代表的な家庭料理「マッケンチーズ」と日本のお惣菜であるコロッケの、和と洋をかけあわせたハンバーガー。モスの調査によると「マッケンチーズ」は日本人の約88%にまだ知られていないチーズ料理ということです。さらに、ハンバーガーだけでなく、この「マッケンチーズ&コロッケ」との組み合わせを考えて開発されたコーラのアレンジドリンク「ネーブル コーラ」も新登場。

編集部では本日1月27日にオンライン開催された商品発表を取材しました。

  • 取材ご協力:株式会社モスフードサービスさま
  • 今回はオンライン記者発表のため、写真、画像素材については広報事務局さまよりオフィシャル素材をご提供いただき掲載しています。
スポンサーリンク

日本人の約88%がまだ知らないチーズ料理を、ハンバーガーに「モス流」アレンジ

欧米の定番家庭料理「マッケンチーズ」は、ごろごろのマカロニにチーズソースを絡めたボリュームたっぷりの料理。アメリカやイギリスでの定番であるにも関わらず、日本では約88%の人がまだ知らないというこのチーズ料理を表現するために、CMでも街頭インタビュー風に人々のリアクションとともにそのインパクトを伝えるなどの工夫がなされました。

チーズとかつおぶしは相性バツグン!

blank
株式会社モスフードサービス 第一商品開発グループ リーダー 稲垣 圭氏

新商品「マッケンチーズ&コロッケ」は、グリーンリーフの上に、熱々のコロッケをのせ、モス特製のミートソースと、濃厚なマッケンチーズソースがたっぷりとかかった新感覚のハンバーガー。マッケンチーズソースは、チキンブイヨン、かつおぶし粉末をベースに、チェダーチーズとゴーダチーズを使用し、ダイス状にカットした蓮根でサクサクとした食感をプラス。

blank

開発担当者さまによると、チーズの旨み成分は主に昆布と同じグルタミン酸のため、かつおぶしのイノシン酸ととても相性がよく、日本人にもなじみのない料理を食べやすくするために一役買っているそう。

隠し味として、南高梅の梅肉ペーストもいれ、よりチーズの味をひきたたせるこだわり具合もうれしいところです。また、チーズが主役のバーガーですが持ち帰りでもおいしく食べられるような工夫もなされています。

モスの中村社長も太鼓判!

今回、オンラインのため現地で試食ができないため、中村社長自らが試食する様子がビデオで紹介されました。「チーズとコロッケがミートソースがあっていて…もうちょっと食べます。」と、かなり味について満足されていたご様子。

寒い冬にぴったりのいままでに食べたことのないハンバーガー。とても、ボリューミーなので若い男性や、チーズが大好きな女性の方にぜひ、とのことでした。

スポンサーリンク

マッケンチーズと相性抜群の新商品「ネーブルコーラ」も登場

blank

今回、「マッケンチーズ&コロッケ」とあわせるために開発された新商品。瀬戸内産のネーブルオレンジとレモンを使ったシロップをコーラで割った、すっきりとした味わいの炭酸ドリンクです。ネーブルオレンジとレモンは、果汁だけでなく、果肉と果皮も使うことで風味豊かなシロップに。また国産の温州みかんのさのう(粒)も加えて、つぶつぶとした食感もプラスしました。

既存のコーラやジンジャーエールとまた違った酸っぱさが濃厚な「マッケンチーズ&コロッケ」と相性抜群で、セットメニューとしても選択が可能です。

モスのシェイクで国内旅行を楽しむ!ご当地“まぜるシェイク”シリーズの新ラインナップも発表に

blank

また、“地元愛”をテーマにした産地応援企画として和歌山県&鳥取県の名産品を使用した新商品「まぜるシェイク」も発表になりました。これは全4回にわけて2アイテムづつを順次期間限定販売で展開するというもの。今回の2商品はその第1弾で、和歌山県産の“紀州南高梅”と鳥取県産の“二十世紀梨”を使用したシェイクとなります。

blank
株式会社モスフードサービス 第二商品開発グループ チーフリーダー 弘法 利榮子氏

このシリーズは各地域の名産品を全国にPRするとともに、新型コロナウイルスの影響で出荷数が減少傾向にある産地・生産者を応援する取り組みでもあります。期間限定で展開される名産品コラボのシェイクを楽しむことで、コロナ禍でなかなか難しくなってしまった日本全国への旅行を、味の国内旅行として体験することもできそうです。

blank

記者発表会では和歌山県 仁坂 吉伸県知事、鳥取県 平井 伸治県知事もビデオメッセージにて登壇、ご当地名産品をPRしました。

「まぜるシェイク 二十世紀梨<鳥取>」

blank

「まぜるシェイク 二十世紀梨<鳥取>」は、鳥取県の名産”二十世紀梨”をまるごと使用したシェイク。鳥取県が生産量日本一を誇る “二十世紀梨”は、青梨の代表品種の1つで、肉質がやわらかく、水分が多く口の中に入れると自然にとろけるようなおいしさが特長です。繊細な味わいのこの梨を果汁だけではもったいないと、種、芯を含めてまるごとすりおろしてバニラシェイクとあわせ、甘みの中に豊かな香りが引き立つシェイクにアレンジしました。

blank

ビデオメッセージに登壇した鳥取県・平井 伸治県知事も、「自慢の二十世紀を使った素晴らしいシェイクができることになりました。育てることが非常に難しい、秋の訪れを感じされるこの爽やかな梨をぜひ楽しんで欲しいです。」とPR。自身も実際に「まぜるシェイク 二十世紀梨<鳥取>」試食され、「20(にじゅっ)シェイクです、美味(おい)シェイク!」とかなりの上機嫌、大変お気に入りの様子でした。

「まぜるシェイク 紀州南高梅<和歌山>」

blank

梅の香り立つモスのシェイクの誕生。「まぜるシェイク 紀州南高梅<和歌山>」の方は、和歌山県産の“紀州南高梅”を使用したソースに、バニラシェイクを合わせた爽やかなシェイク。梅の最高級ブランド、“紀州南高梅”は大粒で皮が薄く、果肉が厚く柔らかいのが特長で、フルーティーで香りが高く、梅酒や梅ジュースにも使用されています。

blank

“紀州南高梅”の果汁から作った梅ソースにシェイクを合わせた「まぜるシェイク 紀州南高梅<和歌山>」は、酸味は抑えつつ華やかで芳醇な味わいを楽しめます。開発担当者さまによれば、南高梅の果汁は熱を加えると香りやおいしさが減ってしまうため、浸透圧製法で梅を搾った非加熱の果汁を使用することで繊細な味を再現したそうです。

同じくビデオメッセージにて登壇した和歌山県・仁坂 吉伸県知事も、「全国展開のシェークに南高梅が採用されて非常にうれしく思う。健康に良いさまざまな効能がわかっている南高梅、私も毎日飲みたいと思っています。ぜひ、シェイクにして食べて欲しいです」と、「和歌山で生まれたパンダちゃん」と一緒に南高梅への熱い思いを語りました。

商品概要

blank

「マッケンチーズ&コロッケ」「ネーブル コーラ<ネーブルオレンジ果汁 0.4%使用>」

  • 商品名・価格:「マッケンチーズ&コロッケ」(436 円+税) 「ネーブル コーラ<ネーブルオレンジ果汁 0.4%使用>」 (Sサイズ213 円+税、Mサイズ269円+税、Lサイズ334 円+税)
  • 販売期間 :2021年2月10日(水)~3月下旬 *期間限定
  • 販売店舗 :全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)

「まぜるシェイク 紀州南高梅<和歌山>」 「まぜるシェイク 二十世紀梨<鳥取>」

blank
  • 商品名・価格:「まぜるシェイク 紀州南高梅<和歌山>」 ※ソースに和歌山県産紀州南高梅を使用しています。 「まぜるシェイク 二十世紀梨<鳥取>」 ※ソースに鳥取県産二十世紀梨を使用しています。 (S サイズ 269 円+税、M サイズ 334 円+税)
  • 各セット価格に 74 円(+税)プラスで、セットメニューのドリンクとしても選択OK 
  • 販売期間:2021年2月10日(水)~3月下旬
  • 販売店舗 :全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)

モスバーガーの公式サイト

https://www.mos.jp/

関連記事

blank

〈MOS〉トム・ブラウンが「とり竜田バーガー」と合体?

なんとトム・ブラウンがモスとコラボ。新商品「とり竜田バーガー」のプロモとしてWE…
susmca.com
https://susmca.com/mos/