箱根ラリック美術館企画展『ラリック×ダンス』 コラボスイーツ / Hakone Emoa Terrace by 温故知新

投稿:ススミカマガジン編集部
記事中商品の購入で当サイトが報酬を得る場合があります
スイーツ箱根箱根ラリック美術館

箱根ラリック美術館企画展『ラリック×ダンス』 コラボスイーツ / Hakone Emoa Terrace by 温故知新

箱根ラリック美術館併設の複合施設「Hakone Emoa Terrace by 温故知新(以下、エモアテラス)」で、3月23日より企画展『ラリック×ダンス』とのコラボレーションから、限定スイーツが登場しています。

これのスイーツ「モダン」は、ルネ・ラリックがダンスの世界からインスピレーションを得た作品の展示にちなんだ限定メニュー。モダン・ダンスの先駆者であるロイ・フラーとイサドラ・ダンカンをイメージし、パティシエが特別に創り上げたアシェットデセールには苺、さらにシャンパンが贅沢に使われています。

ラリックの素晴らしい作品と共に、その作品にも多大なインスピレーションを与えた二人の舞踏家が、まるでお皿の上で踊っているかのような華やかなスイーツ。アシェットデセール「モダン」の販売は12月1日(日)までの土・日・祝日、1日限定6皿限定です。

Supported by Rakuten Developers

企画展『ラリック✕ダンス』について

ラリック✕ダンス』企画展では、100年前のパリ五輪と共に、装飾芸術家ルネ・ラリックの時代を振り返ります。1900年、パリ万国博覧会の附属大会としてパリは初めて五輪会場となり、1924年には二度目の五輪が開かれ、パリはスポーツと芸術の中心地としてその地位を確立しました。まさに時代の寵児であった装飾芸術家ルネ・ラリックは、パリ万博でのグランプリ受賞をはじめ、1925 年の現代装飾美術産業美術国際博覧会(通称アール・デコ博覧会)ではガラス部門の統括責任者を務めるなど、芸術界で独創的な足跡を残しました。また、時を同じくしてモダン・ダンスの祖とされるロイ・フラーとイサドラ・ダンカンが、それぞれ独自のスタイルで新風を吹き込み、ダンスの世界は大きな革命を迎えることになります。彼らの芸術は、モダニズムの流れを汲む多くの作家たちに多大なインスピレーションを与えました。ラリック自身も、幼少期から培った観察眼とデッサン力を生かし、舞台上で華麗に舞い踊るダンサーの姿を独自に解釈し、造形化することで、その美しさとエネルギーを視覚芸術に昇華させました。この企画展では、ラリックが表現したダンスの世界を、時代の躍動感と共にお楽しみいただけます。

株式会社温故知新のプレスリリースより
  • 2024年3月23日(土)〜12月1日(日)
  • 会場:箱根ラリック美術館 2階企画展示室