バラの楽園を混雑を避けて楽しむ!花菜ガーデン「ローズフェスティバル2023」 早朝訪問レポート

2023-05-11

投稿:ススミカマガジン編集部
記事中商品の購入で当サイトが報酬を得る場合があります
会員限定季節の花トラベローグ

バラの楽園を混雑を避けて楽しむ!花菜ガーデン「ローズフェスティバル2023」 早朝訪問レポート

神奈川県立花と緑のふれあいセンター 花菜ガーデン(平塚、花菜ガーデンは愛称、以下記事中では花菜ガーデン)にて5月8日より始まった「ローズフェスティバル2023」に行ってきました。

花菜ガーデンは、横浜スタジアムの3.5倍の約92,000㎡という広大な敷地を誇る植物園。約1,300品種、約2,300株のバラが咲き誇るという関東でもトップクラスのバラ園が有名です。シーズン中は大変混雑し、ピークシーズンの5月中は開演時間が繰り上がるアーリーエントリーを利用すると、朝一番で状態の良いバラをゆっくりと楽しめます。