東京都有形指定文化財「百段階段」、実際は百段ない理由とは 旧目黒雅叙園にまつわるとっておきウンチク5選 #ホテル雅叙園東京

2021-08-29

投稿:ススミカマガジン編集部
記事中商品の購入で当サイトが報酬を得る場合があります
ホテル雅叙園東京目黒

東京都有形指定文化財「百段階段」、実際は百段ない理由とは 旧目黒雅叙園にまつわるとっておきウンチク5選 #ホテル雅叙園東京
百段階段 螺鈿で装飾されたエレベーター 編集部撮影

「和のあかり展」をはじめ、編集部でもたびたび特集している東京都指定有形文化財・百段階段(目黒)。この階段が実は百段ない理由や、ネット記事にあるジブリ映画のモデルになったという事実の検証など、文化財「百段階段」と旧目黒雅叙園にまつわるあれこれについて。

東京都指定有形文化財「百段階段」の階段が一段足りない理由

blank
百段階段の階段頂上 編集部撮影

文化財「百段階段」は目黒・ホテル雅叙園東京館内に現存する唯一の木造建築です。7つのある部屋の全ての天井や欄間には、当時屈指の著名な画家たちが創り上げた美の世界が描かれ、2001年には国の登録有形文化財に、2009年には東京都指定有形文化財に指定されています。

そして「百段階段」というのは通称で、実際の階段は99段しかありません。この理由については百段階段の頂上に説明があります。

  • 古来中国では奇数がおめでたい数字とされていたため
  • 「月は満ちると欠ける」と歌でも詠まれたように、完璧な状態は長く続かないという考えから
  • 100という完璧な数字から1を引いて、これからも発展する余地を残して99段にした

など、理由は諸説あるといわれています。

blank

「百の縁起もの」展でも、1個少ない99個の縁起物が紹介に

blank

2020年1月の「百段階段 百の縁起もの」展の資料によれば、現在の雅叙園さんでは「これで完璧なのではなくこれからも一層発展していくという気持ちをこめてあえて99段にした」というように考えているとのことです。同展は百段階段の中に描かれた縁起ものを100紹介するという企画でしたが、この考え方にならい、あえて99点だけを紹介しました。