「はしもとみお 木彫展 -時をかけるケモノたち-」(ギンザタナカ 銀座本店5階ホール)#はしもとみお #ギンザタナカ

2023-02-05

投稿:ススミカマガジン編集部
記事中商品の購入で当サイトが報酬を得る場合があります
会員限定銀座映像コンテンツギンザタナカ

「はしもとみお 木彫展 -時をかけるケモノたち-」(ギンザタナカ 銀座本店5階ホール)#はしもとみお #ギンザタナカ

※アイキャッチ画像:はしもとみお氏 編集部撮影

展示の様子は動画よりどうぞ。はしもとみお氏のギャラリートークも一ダイジェストで収録しています。
チャンネル登録もぜひよろしくお願いいたします。

「はしもとみお 木彫展 ‐時をかけるケモノたち‐」がギンザタナカ 銀座本店5階ホールにて2月3日より開催中。

はしもとみお氏は、三重県北部の古い民家にアトリエを構え、動物たちのそのままの姿形を木彫りにする肖像彫刻家。動物の生き生きとした姿を木彫り彫刻で表現した作品で知られ、ギンザタナカ 「純金オブジェコレクション」の“動物オブジェシリーズ”の木彫り原型も手掛けています。会場には、等身大動物彫刻などの作品42点の他、ギンザタナカ制作の「はしもとみお氏のアトリエであそぶ純金オブジェたち」も展示されています。会期は3月19日(日)まで。

会場には、等身大動物彫刻などの作品42点の他、ギンザタナカ制作の「はしもとみお氏のアトリエであそぶ純金オブジェたち」の展示の他、氏のアトリエでの一日を丸々収録し、7時間にも及ぶ定点撮影など貴重な映像も。

ケモノたちはそれぞれの時を持っていて、短く流れ星のように駆け抜ける生命もあれば、
長くおおらかに時を刻む生命もあり、それらが交差しながら同じ場所で生きています。
木はとても長く生きる生命で、動物は短く鋭く生きる生命。
そして彫刻になったケモノたちは、ここで金という素材と出会い、
長い長い永遠とも言える時を手に入れて、小さな美しい姿になりました。
金のケモノたちは何千年後の未来まで駆け抜けて、それでもなお輝きを失わないでしょう。
それぞれの生命や素材の持つ時に想いを馳せて、時を手に入れたケモノたちの姿を、
ぜひご覧ください。

(個展開催にあたって~はしもとみお氏のコメント~)

会場の様子