自作ギリシャヨーグルト!バニラ&ナタデココ入りが向かない訳

2019-09-23

投稿:ふみ

買い続けるのに躊躇してしまう高額なギリシャヨーグルト

 高タンパクで低カロリーなギリシャヨーグルト。体にいいと分かっていても、その高額な金額をみて愕然とする人は多いはず。では、安く食べるにはどうすればいいのでしょう?

ギリシャヨーグルトって自作できるの?

 ギリシャヨーグルトを安く入手する方法。それは自作することです。ギリシャヨーグルトは、通常のヨーグルト内にある水分を除去したものなので、要はヨーグルトをガーゼなどで濾(こ)して水分を取り除けばいいだけ。

これらのヨーグルトでギリシャに挑戦!バニラもナタデココ入りもレッツトライ!

 プレーンのヨーグルトだけではつまらないので、ついでにバニラヨーグルト、ナタデココ入りヨーグルト、ブルーベリーヨーグルトでも作ってみました。

ヨーグルトを濾したら驚くべき結果に…

blank
100円ショップで購入したガーゼとコップで水分を除去

 ヨーグルトを濾してみたところ、驚いたことにプレーンヨーグルト以外、水がほとんど濾せていない様子。ほんの数敵程度、下に落ちたかな?といった感じ。そこで別の方法はないかと調べてみた結果、電子レンジで加熱するという方法にいきつきました。

電子レンジで加熱してみたら…

  電子レンジで水分をとばしたところ、面白いほど短時間で水気がとれました!

blank
一晩冷蔵庫に置いてもとれなかった水分が、電子レンジ3分でこんなにとれる

 しかし、またここで難問が…。ブルーベリーヨーグルトとナタデココ入りヨーグルトの中身がほとんどなくなってしまいました…。ひと口程度の量です。もともと水分が多かったので、このような結果になったものと思われます。

プレーン以外の自作は逆に家計の負担増に

 プレーンヨーグルトは量も多くて値段も安い。だから、ギリシャヨーグルトにしてお得なことに違いはありません。対して、ブルーベリーやバニラ、ナタデココ入りなどのヨーグルトは、量が少ない割に値段もそれなり。その上、ギリシャヨーグルトにして量を少なくしたのでは、倹約どころか、ただの浪費になってしまいます。

 プレーン以外のヨーグルトは、自作しても倹約にならないので、おすすめしません。ブルーベリー味のギリシャヨーグルトを食べたいときは、商品化されているものを買う、もしくはプレーンの自作ヨーグルトにブルーベリージャムを混ぜて食べた方がよいでしょう。

ギリシャヨーグルトを活かしたレシピ

おかず編

  おかずに使うときは、マヨネーズの代替品として使うのがおすすめ 。

たまごサンド

blank
塩こしょうをして、しょっぱさを少しプラスするのがコツ

  マヨネーズと違い、油っぽくない!何個食べても胃もたれ知らず。

ポテトサラダ

blank
ベーコンと塩こしょうで塩加減を調節

 出来立ての温かいうちに食べるのがおすすめ。冷めるとヨーグルトの酸味が少し出てくるのが難点。といっても、ほんのり程度です。

デザート編

チョコバナナパフェ

blank
グラスの下からコーンフレーク→チョコソース→ギリシャヨーグルト→チョコソース

  甘めのバニラ味ギリシャヨーグルトを使うと、さらに甘々に。無糖のギリシャヨーグルトとの相性も◎。

クレープ

blank
クレープ生地の上にヨーグルトと果物、ジャムなどをトッピング

  まったりとした甘さがないから、いくらでもいける!果物やチョコソースを入れると、不思議と酸味が消えて、ちゃんとしたスイーツに。

スポンサーリンク

Amazon