[取材]142年目の創業記念日に富士屋ホテルがグランドオープン

「菊の間」からのぞむ富士屋ホテルの本館、明治24年建築の登録有形文化財 編集部撮影

  箱根・宮ノ下の富士屋ホテルが142年目の創業記念日となる2020年7月15日(木)にグランドオープンします。同ホテルは箱根で最も有名な観光ホテル。編集部では7月8日に同ホテルを先行で取材、登録有形文化財に指定される施設が並ぶこの名門ホテルの新たな魅力を体験してきました。

富士屋ホテル俯瞰 広報事務局さま提供写真
  • 取材協力 富士屋ホテルさま、小田急箱根グループ広報事務局さま
  • 記事中の写真はすべて編集部撮影および広報事務局さまご提供によるもの。記事中の画像、写真、文章について引用および転載をすべて禁止します。

コンセプトは「唯一無二を未来につなぐ」

フロントは明治24年の作りを再現 編集部撮影

 2020年7月15日に創業142年目、箱根を代表する観光施設である富士屋ホテル。創業は明治11年(1878年)という歴史あるホテルです。

 今回の改修についてのコンセプトは「唯一無二を未来につなぐ」。約2年間に及ぶ耐震補強・改修工事は建物の柱間に補強材を施すなど構造部を強化、安心・安全はもちろん、文化財としての価値の保全を優先し復元を実施しました

 フロントは明治24年の作りを復元、客室の家具も使えるものはすべて復元したということです。また、146あった客室を今回120に統合、複数の部屋を一つに統合することで、和洋折衷のスイート・ルームの他、常連客からの要望も多かったスパなども新設されました。

ロビー 編集部撮影

ジョン・レノンや三島由紀夫が宿泊した部屋も復元

 花御殿は昭和11年建築、登録有形文化財でもあります。客室のひとつ、菊の間(ヘリデージールーム菊)はジョン・レノンや三島由紀夫が宿泊した部屋として知られます。今回、昭和初期の宿泊当時の家具・鏡台とデスクなども元の状態に再現。窓からは本館が一望でき、当時に思いを馳せることができます。

花御殿 菊の間(ヘリデージールーム菊) 編集部撮影

 こちらは4人で利用できるスイート・ルーム。4部屋をひとつに統合し、実に113㎡もの広さがあります。

朝顔の間(ペントハウススイート2ベッドルーム) 編集部撮影

 西洋館のヒストリック・ツイン。西洋館は明治39年に建築され、同じ登録有形文化財に指定されています。

 この部屋の壁がピンク色なのがわかるでしょうか。この壁は工事のため壁を壊した中から桃色の漆喰が出現したもの。明治39年の壁を復元して当時の雰囲気そのままに宿泊することができます。

 西洋館 ヒストリック・ツイン 編集部撮影

ダイニング

 6mもの天井高を誇るダイニングは600枚もの絵画を取り外して修繕。往年の見た目そのままに、光があふれる明るい雰囲気に生まれ変わりました。絵画の原画や、ホテルの歴史については、花御殿B1階のホテル・ミュージアムで鑑賞することができます。

ホテルミュージアム

 入場無料、日帰りでも入館できます。耐震改修で壊したところから出てきたものなど貴重な資料が展示されています。

花御殿 B1Fのホテル・ミュージアム 編集部撮影


箱根の自然が眼前に!新スパ施設

 従来、富士屋ホテルは客室で温泉源泉を楽しめる点が大きな特長でしたが、逆に今まで大浴場がなく、お客さまの声に応える形で、フォレスト・ウイング6Fの客室をすべて廃してスパを新設。常連客からはすでに「大きいお風呂、待ってました!」の声が上がっているとのことでした。

フォレスト・ウイング6階に新設にされたスパ 編集部撮影


富士屋ホテルの公式サイト

Amazon