[モスバーガー]音までうまい「海老天七味マヨ」が待望の復活!

昨年約290万食を売り上げた“音までおいしい”ハンバーガー 大好評の「海老天七味マヨ」が復活!

 全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて、昨年約290万食を売り上げた“音までおいしい”ハンバーガー 「海老天七味マヨ」が復活販売されることがモスフードサービス(品川区)より発表されました。2020年8月18日(火)〜9月中旬までの期間限定となります。
 「海老天七味マヨ」は、代表的な日本料理“海老の天ぷら”に、日本三大七味唐がらしの一つと言われる京都老舗の『七味家本舗』の七味を使用した、日本生まれのモスバーガーならではの商品。海老の天ぷらは、独自の製法で“ざくりざくり”と心地よい食感に仕上げており、“音までおいしい”ハンバーガーです。

  • リソース:モスフードサービス広報事務局さま
  • 記事中の写真・画像・文章等の転載及び引用を禁止します。

関連記事

 昨年、「海老天七味マヨ」が初登場した時の記事です。「本当に音までうまい」のか、市販の海老のテンプラと「海老天七味マヨ」をかじった音の周波数帯の違いなどを音のプロが解析しています。



「海老天七味マヨ」(445円+税)

 代表的な日本料理“海老の天ぷら”をメインにしたハンバーガー。グリーンリーフの上に、天つゆ風タレに漬けた海老の天ぷらを2本のせ、特製の七味マヨソースをかけ、輪切りのトマトと一緒にバンズ(パン)で挟んでいます。
 海老の天ぷらは、天つゆ風タレに漬けた後も“ざくりざくり”とした食感が残るように、工場で衣に花を咲かせるように1本1本手作業で揚げており、七味マヨソースは、カツオや昆布の風味に、塩麹、白醤油など和の食材を加え、山椒のピリッとした辛さと爽やかな香りが特長の『七味家本舗』の七味でキレのある味わい仕上げています。



「海老天七味マヨ」の商品概要

 “ざくりざくり”とした海老の天ぷらに、みずみずしいトマトの酸味、ピリッとした七味マヨソースの辛味が効いた、オリジナリティあふれるハンバーガーです。

  • 商品名・価格:「海老天七味マヨ」(445円+税)
  • 販売期間:2020年8月18日(火)〜 9月中旬 *期間限定
  • 販売店舗:全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)

モスの公式サイト

Amazon