2024年春開業 ダブルツリーbyヒルトン京都駅 総支配人に脇田裕美氏が就任(コメント全文)

2024-01-23

投稿:ススミカマガジン編集部
記事中商品の購入で当サイトが報酬を得る場合があります
ヒルトンホテル京都旅行と観光

2024年春開業 ダブルツリーbyヒルトン京都駅 総支配人に脇田裕美氏が就任(コメント全文)

Supported by Rakuten Developers

2024年春に開業予定のダブルツリーbyヒルトン京都駅より、総支配人に脇田裕美(わきた・ゆみ)氏の就任が発表されました。

脇田氏は2000年よりホテル業界でのキャリアを築き、横浜・東京・香港の国内・外資ブランドのホテルで経験を積み重ねてきました。
コンラッド東京の開業メンバーとして着任した2005年以降、10年以上にわたり宿泊部門で要職を務め、2018年以降は京都市内のホテルでオペレーションマネージャー、総支配人を務めています。

脇田裕美氏(ダブルツリーbyヒルトン京都駅 総支配人)コメント

このたび、歴史と⽂化の都、そして世界有数の観光都市である京都の地で、ダブルツリーby ヒルトン京都駅の総⽀配⼈として着任できますことをたいへん光栄に思います。ホテルをご利⽤になられるお客様はもちろんのこと、ホテルがある地域コミュニティの皆様、そしてこのホテルで⼀緒に働くチームメンバー(従業員)が誇りを持てるようなホテルづくりを⽬指してまいります。京都では、『ダブルツリーby ヒルトン』ブランドは2軒⽬ですが、ブランドの持つバリューやコンセプトを⼤切に共存していきつつ、またそれぞれのホテルの違いをお客様には体感し楽しんでいただければと思います。ダブルツリーby ヒルトン京都駅は、京都での観光、ショッピング、ビジネスの⽞関となる京都駅に近いという魅⼒的な⽴地を活かしながら、⼯夫を凝らした新しいタイプのお⾷事を提供するなど、観光、ビジネスでお⾒えになるお客様をはじめ、地元京都の皆様にも楽しんでいただけるようなホテルライフを提供してまいります。皆様のお越しを⼼よりお待ち申し上げております。 

脇田裕美氏(ダブルツリーbyヒルトン京都駅 総支配人)コメント

ダブルツリーbyヒルトン京都駅は、JR京都駅八条口から徒歩約5分というビジネス・観光に便利な立地。

ダブルツリーbyヒルトン京都駅 外観イメージ

9階建てのホテルには全266室の客室のほか、料飲施設(オールデイダイニング、カフェラウンジ)、24時間利用可能なフィットネスセンター、ミーティングルームが備わっています。

また、エグゼクティブルームまたはスイートルーム宿泊者のみが利用できるエグゼクティブラウンジが最上階(9階)に位置し、チェックイン・チェックアウト、朝食、リフレッシュメント、イブニングカクテルなどのサービスが提供されます。

明るく開放感のあるエグゼクティブラウンジからは、新幹線の往来を眺めながら、京都の街を一望でき、ゆったりとした時間が過ごせるということです。

関連:取材記事と動画(ダブルツリーbyヒルトン京都東山)

こちらは2023年8月に開業したダブルツリーbyヒルトン京都東山を取材した記事。開業セレモニーから出席しました。