日本一梅の開花の早い熱海梅園で東ハトの「ポテコ・梅味」を食べる

2024-01-26

投稿:ススミカマガジン編集部
記事中商品の購入で当サイトが報酬を得る場合があります
PR会員限定食べてみた熱海梅園東ハト旅行と観光季節の花レビュー

日本一梅の開花の早い熱海梅園で東ハトの「ポテコ・梅味」を食べる
ポテコ・梅味

日本一梅の開花の早い熱海梅園で東ハトの「ポテコ・梅味」を食べる

東ハトより期間限定発売中の梅味シリーズより「ポテコ・梅味」をリュックに忍ばせ、日本一梅の開花が早い場所・熱海梅園に行ってきました。

blank
ポテコ・梅味

そしてこの記事はジャンル的にはトラベローグ(旅行記)となりますので、案件記事にもかかわらずメンバーシップ限定でお送りします。

まず、関係性の明示

本記事は東ハトさまよりサンプルをご提供いただいている、いわゆる「案件記事」です。ただし商品紹介以外は好き勝手に楽しんで書かせて頂いております。(東ハトさん、いつもありがとうございます!)

また、商品紹介画像を兼ねる形でAmazonアフィリエイトへのリンクを掲載しています。

blank
期間限定販売の東ハト「梅味」シリーズ

あと、ご提供いただいているのはお菓子のみです。熱海への交通費や、編集長が熱海の駅前で食した「数量限定・金目鯛カツ重セット」の代金等は、当然ながら完全自腹でございます。※なお、金目鯛カツ重セットについては、食べてから写真を撮っていないことに気が付きました…。

blank
熱海駅からの伊豆箱根バス この時は快晴だったけど…

東ハトの期間限定「梅味」シリーズ

東ハトより期間限定発売中の「梅味」シリーズには、「ポテコ・梅味」、「ビーノ・紀州の梅味」そして「あみじゃが・紀州の梅味」がラインナップされています。それぞれ紀州産南高梅を使った梅肉パウダーを使用しており、甘酸っぱい梅の味わいを愉しめます。

  • シソが香る梅干しをイメージした味わい「ポテコ・梅味」。

※諸般の事情でリンク先はうましお味となります。

  • スナック生地に砕いたえんどう豆を穀物として100%使用、えんどう豆そのままの味と南高梅パウダーのコラボレ-ションの「ビーノ紀州の梅味」。
  • ザクっとした食感がクセになる厚切りポテトチップス「あみじゃが」に紀州の梅味、南高梅の梅肉パウダーによる梅としその風味でアクセント。
blank
ポテコ 梅味

食べ比べてみた~爽やかな梅の酸味!

「ほんのり すっぱうまい」(「ポテコ 梅味」)とのキャッチフレーズにあるように、3つとも元の商品の美味しい特長を引き立てながら、いい感じに梅の風味を愉しめました。

攻撃的な酸っぱさを追求しているお菓子ではないため、あまり比較する意味がアレですが、単純な酸っぱさだけで言えば「ポテコ 梅味」、次に「あみじゃが・紀州の梅味」「ビーノ・紀州の梅味」という感想を持ちました。これはきっと各商品の形状が影響しているのかなと思いました。

わかりやすく梅の風味を愉しみたい場合は、「ポテコ 梅味」かなと思いますが、独特の食感の「あみじゃが・紀州の梅味」、えんどう豆と梅の風味のバランスがクセになる「ビーノ・紀州の梅味」も捨てがたいところ。

オススメは?と聞かれた場合は、3つ買って一緒にお皿に持って違いを愉しんでは?と答えるかなぁというところでしょうか。

熱海梅園へのトラベローグは画像36枚と一緒に会員エリアにて。