芦ノ湖の新しい遊覧船 「箱根遊船 SORAKAZE」で湖畔の一本桜を愛でてきた。

2024-04-24

投稿:ススミカマガジン編集部
記事中商品の購入で当サイトが報酬を得る場合があります
SORAKAZE箱根箱根観光箱根遊船芦ノ湖

芦ノ湖の新しい遊覧船 「箱根遊船 SORAKAZE」で湖畔の一本桜を愛でてきた。

2月に就航した「箱根遊船 SORAKAZE」に乗船し、箱根園の「湖畔の一本桜」を愛でてきました。
箱根遊船は、箱根関所跡港、元箱根港、箱根園港を結ぶ遊覧船。行き先のある「定期航路」と、戻って来る「周遊コース」があります。今回は箱根関所跡港から出港、「1日フリー乗船」きっぷを駆使して、芦ノ湖を周遊しながら愉しんできました。撮影日は、運良く箱根園の湖畔の一本桜もちょうど満開に!

小田原から伊豆箱根バスで箱根関所跡港に到着したのは9時40分頃。左は十国丸で右はあしのこ丸。お目当てのSORAKAZEがいませんが、元箱根港から移動中です。バスから見えました。

blank
箱根関所跡港 編集部撮影

こちらがSORAKAZE。定員は700名。「箱根・芦ノ湖に浮かぶ緑の公園」をコンセプトとした船は、大自然と調和したデザインで、船体外側には鶴と水引風のオブジェ。

blank

富士山をかたどったモニュメント。

blank

富士山型のウッドデッキ。このデッキ部分の広場エリアには天然芝が敷かれています。

blank

この日は快晴で富士山もくっきり。

blank

船内には緑とともに、ブランコ風、ハンモックチェア風、靴を脱いでくつろぐ座敷風など、さまざまなタイプの席が用意されています。老若男女、国籍関係なく、誰もが思い思いの場所で愉しんでいるのが印象的でした。

blank
blank
blank
blank
blank
blank
blank
blank

操縦室の後ろには、こんなかわいいキッズスペースも。これは子供さんもテンション上がるよね!

blank

箱根神社の平和の鳥居が見えています。双胴船のため、あまり揺れを感じません。湖上を滑るように進んでいきます。

blank

「周遊コース」は箱根関所跡港-元箱根港-箱根園港を往復します。「1日フリー乗船」チケットだと何周乗り続けてもOKだし、乗り降りも自由。それぞれの港で下船してからまた乗るなど、周遊クルーズ感覚で愉しめます。

箱根園では湖畔の一本桜が満開

箱根の桜前線の終着点の箱根園。取材日はちょうど箱根園で湖畔の一本桜が満開になったところでした。
海外からの観光客を中心に、平日ながらなかなかの盛況ぶりでしたが、意外と混雑には波があって、しばらくまってるとわりと人の少ない写真が撮れました。多分、遊船と観光バスの発着に関係するのでしょう…。

blank

湖畔の一本桜は、樹齢100年の大島桜。枝張りは22m、高さは12mもあります。

blank
blank

今回は箱根遊船 SORAKAZEに乗って芦ノ湖を二往復。緑あふれるデッキも素敵ですが、揺れの少ない客室でまったりするのも愉しいです。お好みに合わせてどうぞ。

blank

なお、SORAKAZEの運航日や時刻表などの詳細は箱根遊船さんの公式サイトをご確認ください。