これは気になる!飛鳥時代の乳製品「蘇」「醍醐」をモチーフにした和菓子が東武百貨店池袋店で5月16日から数量限定で販売に。

投稿:ススミカマガジン編集部

スポンサーリンク

カノーブルから新作和菓子。飛鳥時代の乳製品「蘇」「醍醐」をモティーフとした『金甘酪』と、焦がしバターと和三盆糖の『銀甘酪』を、東武百貨店池袋店で5月16日から数量限定販売

ナショナルデパートが展開するバターの新しい楽しみ方を提案するブランド「CANOBLE(カノーブル)」は、落雁をモティーフにした新作バター和菓子として、飛鳥時代の乳製品「蘇」や「醍醐」をイメージしたバター和菓子『金甘酪』(きんかんらく)と、焦がしバターと和三盆糖の『銀甘酪』(ぎんかんらく)を東武百貨店池袋店ポップアップストアで5月16日から販売します。ECサイトでは5月21日(金)19:00から発売。東京工場直売所では5月28日(金)から発売。

このたび私たちがお届けするのは日本の伝統和菓子のひとつである「干菓子」の中から「落雁」をアップデートした新しいバターの和菓子です。欧米では一般的な「バターを食べる」文化を、日本でもっと楽しんでいただくためにバターの風味を極限まで引き出した和菓子「甘酪」(かんらく)を開発いたしました。珈琲や紅茶にもよく合い、シーンを選ばずにお楽しみいただけます。

プレスリリースより

自然物をモティーフにする和菓子を新たにデザインするにあたって、新たな自然の表現方法として太陽と月、山と川を陰陽のフォルムで形作ったということです。また、今回より和菓子ラインのパッケージも一新。

商品概要ー「金甘酪」「銀甘酪」

  • 金甘酪(きんかんらく):4個入り1,800円(税込・送料別)
  • 銀甘酪(ぎんかんらく):4個入り1,200円(税込・送料別)
  • 販売場所:東武百貨店池袋店、ECサイト、東京工場
スポンサーリンク

発売日

  • 東武百貨店池袋店ポップアップストア:5月16日から
  • ECサイト:5月21日(金)19:00から
  • 東京工場直売所:5月28日(金)から

通販は新設されるCANOBLEの新ECサイトにて販売

CANOBLE

日本初の食べるバター専門ブランド。 伝統的な手法と最新の技術でバターのスイーツな…
canoble.shop
https://canoble.shop/